HOME > 他の近視矯正治療法

他の近視矯正治療法

他の近視矯正治療法

近視を矯正する方法には様々な方法があります。代表的なものを比較してみます。

めがね

左右で視力が大幅に違ったり、強度の近視もしくは乱視を持っている人には対応しづらい場合がありますが、最も手軽な近視矯正用具です。
必要に応じた適切な度の眼鏡を使用すれば、眼鏡を常用する事で(もしくは掛けたり外したりする事で)近視が進行する事は無いと考えられています。
ただし、過矯正の(度が強めの)眼鏡を掛けて近業(近くを見る作業)を続けると近視が進行する可能性があります。
近視の進行を抑制する効果はありません。

ソフトコンタクトレンズ

装用感が非常に良く、比較的動きの激しい(接触プレーのある)スポーツを行う場合等に向いています。ただし眼が乾きやすくなる事も多く、角膜への酸素供給や涙液のスムーズな交換を妨げてしまう可能性があるため長時間の装用にはあまり向いていません。一日使い捨てタイプのレンズを除けば、アレルギー性結膜炎を起こしやすい傾向もあります。
近視の進行を抑制する効果はあまり期待できません。

ハードコンタクトレンズ

酸素透過性が高く、涙液の交換もスムーズに行われるため角膜への負担が少なく比較的長時間の装用に向いています。
"装用感の良さ"という点ではソフトレンズに及びませんが、取り扱いも簡便で長持ちしやすいため、ランニングコストも低く押さえられます。
ある程度近視の進行(眼軸長の伸び)を抑制する効果があると思われます。

オルソケラトロジーのレンズ

基本的に夜間に装着し、日中は裸眼で生活する事を可能にするコンタクトレンズです。
ドライアイの方、アレルギー性結膜炎をお持ちの方等、日中のコンタクトレンズ装用が困難な方でも適用可能な場合があります。
動きの激しい(接触プレーのある)スポーツはもちろん、ボクシング等の各種格闘技、マリンスポーツを行う方にも適しています。
特に若年者の方、軽度の近視のみお持ちの方には非常に高い矯正効果が期待できます。
オルソケラトロジーのレンズは近視を矯正するだけではなく、近視の進行の予防にもある程度の効果が期待できると言われています。

さまざまな近視矯正法と近視進行の関係

  • めがね使用のイメージ
  • ソフトコンタクト使用のイメージ
  • ハードコンタクト使用のイメージ
  • オルソケラトロジーレンズ使用のイメージ
  • ちくしの眼科 092-555-7111 午前10:30~13:00 午後14:30~18:30 詳しい情報はこちら
  • 24時間受付中 カウンセリング無料! 問い合わせはこちら
  • ききょうアイクリニック 092-588-2101 午前10:30~12:45 午後14:30~19:15 詳しい情報はこちら
大きな地図で見る
所在地
〒816-0935
福岡県大野城市錦町4-1-1 イオン大野城ショッピングセンター2F
最寄駅
西鉄春日原駅から徒歩3分
診療受付時間
10:30~12:45 14:30~19:15
・コンタクトレンズの使用経験の無い方の、コンタクトレンズ処方受付時間は、午前は12時まで、午後は18時までです(メガネ未経験の方のメガネ処方受付時間も同様です)。
休診日
火曜日・年末年始
(詳細お問い合わせください)
092-588-2101
お問い合わせフォーム 詳しいアクセス情報はこちら
大きな地図で見る
所在地
〒818-0042
福岡県筑紫野市立明寺434-1 イオンモール筑紫野1階
最寄駅
JR天拝山駅より徒歩1分
・コンタクトレンズの使用経験の無い方の、コンタクトレンズ処方受付時間は、午前、午後ともに、受付終了1時間前までです。(メガネ未経験の方のメガネ処方受付時間も同様です)。 

休診日
木曜日・年末年始
詳細はお問い合わせください
092-588-2101
お問い合わせフォーム 詳しいアクセス情報はこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ