HOME > レーシックとの違い

レーシックとの違い

レーシックとの違い

レーシックとの違いのイメージ

レーシックという近視矯正手術をご存知の方もいるかも知れません。
レーシックは簡単に言えば、「角膜のカーブをレーザーを照射する事で変えて近視を矯正する」手法です。
「角膜のカーブを変えて近視を矯正する」という点においてはオルソケラトロジーと同じなので、「どこがどう違うのか?」と迷う方もいらっしゃいます。そこでこの2つの視力矯正法の違いを簡単にご説明したいと思います。

1手術の有無

レーシックの場合は角膜に外科的な手術を施します。角膜をレーザーで削って角膜形状(カーブ)を変化させ、光の屈折率を最適なものに変えることで視力の改善を目指すからです。よって、一度レーシック手術を行うと、角膜の形状を術前と同じ状態に戻すことはできません。この、元に戻せるか戻せないか、という点がオルソケラトロジーとレーシックの最大の違いです。
オルソケラトロジーはあくまでも角膜の形状を一時的に変化させるだけなので、治療を中止すれば角膜の形状は元に戻ります。
治療の中止ややり直しはいつでも可能です。
ただし、元に戻せる、元に戻る、ということはオルソケラトロジーのデメリットと考える事も出来ます。
レーシックの場合は手術に成功し、安定した状態になれば患者側ですることは定期検査を受けることぐらいで一切手間が掛かりません。しかし、オルソケラトロジーは治療を止めると角膜の形状が元に戻ってしまうため、定期的にレンズを着用し、レンズメンテナンスも行わなければなりません。
このように、「角膜形状の可逆性、不可逆性」はレーシックとオルソケラトロジー双方にとってメリットにもデメリットにもなります。

2治療可能な年齢

レーシックの治療可能年齢は20歳~60歳ぐらいまでです。対してオルソケラトロジーは9歳~50歳ぐらいなので、オルソケラトロジーの方が治療を開始できる年齢が低くなっています。

  • ちくしの眼科 092-555-7111 午前10:30~13:00 午後14:30~18:30 詳しい情報はこちら
  • 24時間受付中 カウンセリング無料! 問い合わせはこちら
  • ききょうアイクリニック 092-588-2101 午前10:30~12:45 午後14:30~19:15 詳しい情報はこちら
大きな地図で見る
所在地
〒816-0935
福岡県大野城市錦町4-1-1 イオン大野城ショッピングセンター2F
最寄駅
西鉄春日原駅から徒歩3分
診療受付時間
10:30~12:45 14:30~19:15
・コンタクトレンズの使用経験の無い方の、コンタクトレンズ処方受付時間は、午前は12時まで、午後は18時までです(メガネ未経験の方のメガネ処方受付時間も同様です)。
休診日
火曜日・年末年始
(詳細お問い合わせください)
092-588-2101
お問い合わせフォーム 詳しいアクセス情報はこちら
大きな地図で見る
所在地
〒818-0042
福岡県筑紫野市立明寺434-1 イオンモール筑紫野1階
最寄駅
JR天拝山駅より徒歩1分
・コンタクトレンズの使用経験の無い方の、コンタクトレンズ処方受付時間は、午前、午後ともに、受付終了1時間前までです。(メガネ未経験の方のメガネ処方受付時間も同様です)。 

休診日
木曜日・年末年始
詳細はお問い合わせください
092-588-2101
お問い合わせフォーム 詳しいアクセス情報はこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ